SPGアメックス紹介に関するお問い合わせはこちら

アドセンスの審査コードと広告設定方法を解説!「アカウントを有効にしましょう」メールの対処法(Cocoon編)

アドセンスメール

サイト開設から1週間、試しにGoogleアドセンスに申し込んでみようと思いアカウントを作成しました。
審査用コードを貼り付け待つこと1週間

こんなメールが届きました。

アドセンスメール
なーたん
なーたん

えーーー!!

ちゃんと審査を開始しましたって画面出てたよ!なんで?

いろいろと調べた結果設定が間違ってました。

この記事では私が利用しているWordPressのテーマ「Cocoon」でのGoogleアドセンスの設定方法をご紹介します。

スポンサーリンク

CocoonでのGoogleアドセンス広告の設定手順

アドセンスの広告をブログに表示するには審査が必要です。
審査への申し込みは以下の手順で行います。

  1. Googleアカウントの登録
  2. Google AdSenseアカウントの登録
  3. 審査用コードを自分のサイトに張り付け(←ここでミスしました)
  4. 審査完了メール受信
  5. 広告コード取得
  6. 広告コードを自分のサイトに貼り付け

私は3番の審査用コードを張り付けるところで失敗していたようです。

4の審査完了メールを待っていたら7日で上にあるように「アカウントを有効化してください」というメールが届きました。

アドセンスのアカウントが有効にならない原因は?Cocoonでの審査用コードの設定場所の間違い

アドセンスの審査を受けるには審査用のコードをブログの<head>タグ内に埋め込む必要があります。

自分で作ったサイトならHTMLを直接編集して埋め込みます。

しかし私はブログ作成にワードプレスを利用しています。ワードプレスの良いところはHTMLなどの専門知識がなくても簡単に設定できるところです。
さらにこのブログで利用している「Cocoon」というテーマは、プラグインなしで簡単にできます。

そう思っていた私はたいして調べもせず間違った場所に審査用コードを設定していました。

私が間違って審査用コードを設定したのはCocoon設定の「広告」タブ、
正解は「アクセス解析・認証」タブでした。

「広告」タブは審査に合格した後に広告用コードを設定する場所です。

なーたん
なーたん

うーん、ややこしい・・・
いやちゃんと調べようよ、自分

cocoonアドセンス設定1

Cocoonでのアドセンス審査用コードの設定方法は?

それでは審査用コードの設定手順を説明します。

まずGoogleの審査用コードをコピーします。
審査用コードはGoogleからのメールに記載されています。
アドセンスにログインして取得することも可能です。

「Cocoon設定」の「アクセス解析・認証」タブを開きます。
「その他アクセス解析・認証コード設定」の「ヘッド用コード」にコピーした「審査コード」を貼り付けます。

Cocoon アドセンス審査用コード設定


上か下にスクロールして「変更をまとめて保存」ボタンをクリックします。

これでCocoon側の設定は完了です。

あとはアドセンスのホームページにログインすると「審査中です」の表示が出ることを確認します。

審査の申し込みは完了です。

審査が完了したら「おめでとうメール」が届きます。

アドセンスに合格!Cocoonでの広告の設置方法は?

見事アドセンスに合格したらいよいよブログに広告を設置します。

広告用コードを取得しようとアドセンスにログインすると自動広告の設定画面が出てきます。

なーたん
なーたん

え!自分で広告設置する場所決められないの?

反省を活かしちゃんと調べました。

アドセンスの自動広告と広告ユニットの違い

アドセンスには大きく分けて「自動広告」と「広告ユニット」の2種類があります。

違いは次の通り

自動広告はGoogleが勝手に広告を配置してくれて楽だけど自由度が低い、
広告ユニットは自分で広告の設置をする手間があるけど自由度が高い

どちらが良いかはいろいろ試して自分に合ったほうを見つけるとよいと思います。
ちなみに私は広告ユニットをお試し中です。

自動広告を試したら広告の数がものすごいことになったので、
ブログ開設初期はあまり広告を増やしたくないという方針に沿ってオフにしました。

  • 自動広告
    • Googleがサイトに合わせて自動で広告を配置してくれる。
    • 配置したい広告の種類は選択できる。
    • 自分で好きな場所を選択できない。
  • 広告ユニット
    • 自分で広告を配置しないといけない。
    • 広告の種類や大きさを自由に選択できる。
    • 自分の好きな場所に設置できる。

Cocoonでのアドセンス自動広告の設置方法

2019年10月追記

アドセンスの自動広告が新しくなりました。

自動広告の設定はこちらの記事をご覧ください。

実は何もしなくても自動広告は審査合格時にONになっています。

「審査用コード」がそのまま自動広告の「広告コード」として利用できます。
ですが間違いを防ぐため新たに広告用コードを取得し、審査用コードは削除しておきましょう。

はじめに自動広告の設定を行います。

アドセンスにログインし左のメニューから「自動広告」をクリックします。
自動広告の全般設定が開きます。
表示されない場合は「全般設定の変更」ボタンをクリックします。

表示したい広告の種類を選びます。
デフォルトではすべてONになっているので、不要生のをOFFにしてください。
完了したら「保存」ボタンをクリックします。

オーバーレイ広告はユーザーの利便性を下げるのでOFFにすることをお勧めします。

表示された広告コードをコピーします。
表示されない場合は上記の「全般設定の」変更ボタンの上にある「自動広告を設定」をクリックすると表示されます。

これでアドセンス側の設定は完了です。
次はCocoonの設定を行います。

ダッシュボードのCocoon設定から「広告」タブを選択します。
アドセンス設定の広告コードに先ほどコピーした広告コードを貼り付けます。


アドセンス表示方式の「アドセンス自動広告のみ利用」をチェックします。

最後に「変更をまとめて保存」ボタンをクリックします。

実際にブログページを開き広告が表示されていることを確認して終了です。

Cocoonでのアドセンス広告ユニットの設置方法

次に広告ユニットの設定方法です。

アドセンスにログインし「広告ユニット」をクリックします。
新しい広告ユニットの作成から作成したい広告を選択します。
今回はディスプレイ広告を選択しました。

次の3つを設定し「保存」ボタンをクリックします。

  • 広告ユニットの名前:後でわかるように日付を含めた名前がおすすめ
  • 広告の形:好きなものを選択
  • 広告のサイズ:レスポンシブのまま(自動で大きさを調整してくれる。)

出力された広告コードをコピーします。
Cocoonではコード全体を貼り付けるとエラーになるようなので、枠で囲った部分のみコピーしましょう。

広告コードをブログに貼り付けます。
Cocoon設定の「広告」タブを開きます。

先ほどコピーしたコードを広告コードの欄に貼り付けます。

続いてアドセンス表示方式で「マニュアル広告設定」にチェックを入れます。
広告の表示位置は表示したい箇所のチェックを入れます。

たくさん貼りすぎてアドセンスのポリシー違反にならないように注意しましょう。

最後に変更をまとめて保存をクリックして設定完了です。
実際にページを開き広告が表示されることを確認しましょう。

Cocoonでのアドセンスの審査用コードと広告コードの設定まとめ

アドセンスのアカウントを有効にする方法と広告コードの設定の仕方はお分かりいただけたでしょうか。

少し設定が紛らわしいですがCocoonでは簡単にアドセンス広告の設定ができます。

  • 審査用コードは「アクセス解析・認証」タブ
  • 広告用コードは「広告」タブ

これさえ間違わなければ大丈夫です。

実際にブログが収益につながるとモチベーションが上がります。
アドセンスの審査は厳しいとのうわさですが、私は開設2週間で合格しました。

合格のために実践したことをまとめています。
これから申請する方は参考にしてみてください。

アドセンス広告を設定したら忘れずにads.txtの設定をしましょう。

設定しないと収益が減る可能性があります。

ランキング参加中!応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました